ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の

<<   作成日時 : 2018/01/04 08:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどん病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。


そうなってくると、医師と看護師もさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。


でも、人手が足りていないというのなら、それは、それによって求人も多くなりますから、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等のメリットも確かにある訳です。


看護師がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。


しかし、近年では看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。


ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。


看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の病院にすることです。


実際、看護師の職業は長期にわたって務められる業種で注目されていますが、なおかつ公務員にもなれたら一層安定した職業になることは確実です。


手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは最大のメリットだと言えるでしょう。


二年ほど前から、病院事務として勤務しております。


普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが皆さんいつも忙しそうです。


家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。


だけど私の想像以上に臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時になんと子供を連れてきている看護師さんが少なくないんですよね。


先生方も歓迎ムードで、温かい雰囲気でした。


ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、昔とは違って、ウェブを介す方法がマジョリティと言えるようになってきました。


看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、金銭的な負担もなく、時間や場所を問わず気軽に転職情報をリサーチすることもできます。


よいジョブチェンジを実現するには、リサーチが重要ですので、ジョブチェンジが頭をよぎったらとりあえずサインアップしてみましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる