ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較す

<<   作成日時 : 2018/01/01 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。


看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく常に需要が高い傾向が見られますから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という大きなメリットがあるといえます。


ただ、良い面ばかりではありません。


高給取りなのは間違いありませんが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。


世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。


けれども、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意する必要も出てくるでしょう。


スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと派遣などではなく、正社員として勤めている看護師の場合には当てはまることなのですが、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。


休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で一応、土日祝日を休みにするようにもできます。


簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。


何か急な事態によって呼び出されたり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。


あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、診療科にもよりますが、たいてい土曜、日曜、祝日は、お休みです。


一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、一般企業においては課長の役職相応でしょう。


課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。


他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、およそ750万円程度だと言われているようです。


一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係のストレスや不規則な勤務形態です。


どうしても、女性が多い職場になると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも多いのです。


夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。


転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも間違いではありません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較す ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる