ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に

<<   作成日時 : 2018/01/01 02:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。


何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのは容易ではありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか労働条件のメリットを出すよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。


看護師の人が転職する時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


しかし、大変な思いをして看護師の資格を取ることができたのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。


全く異なる職種だとしても、看護師の資格がプラスにはたらく仕事はいくつも存在します。


大変な思いをして取れた資格なのですから、活かさないのはもったいありません。


意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。


働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、そのため求人の数はとても多いのです。


せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場において希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。


もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。


病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。


患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが大切です。


中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。


ノーメイクという訳でもありませんから、患者に与える印象も変わることは間違いないでしょう。


一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。


現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など厳しい仕事も多いですが、別の業種の給料と比較してみると高収入を続けやすいことが特徴として挙げられます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。


これらの高給や安定性を重視するならば人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる