ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 私が看護師になった理由は中学の時の

<<   作成日時 : 2017/12/31 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


私が看護師になった理由は中学の時の職場体験で、体験先の介護施設の看護師の方に心を動かされたのが契機となりました。


将来的にはあんな職業をしたいと思ったことをきっかけに看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。


いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。


時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。


しかしながら、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。


肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、良くない点を打ち消せる程に大きな満足感も得られる仕事なのです。


同じ病院に長く勤務していると出世していきます。


婦長といえば一般的にも分かりやすい役職だと思います。


しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。


いまは、学生やパートの看護師が少なくありませんので、正看護師も役職的には上の立場になるわけです。


役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。


看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、結局、大多数の看護師は病院で働いております。


けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、介護施設、保育園、大きな企業内などです。


こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。


つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際に最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。


職場を変わられるときには看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、その際、注意点があります。


それは何かと言いますと、特に履歴書の中の志望した動機について、どのように表記するかということになります。


雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、成長に繋がるといったことや、過去の経験を生かせそうだからというような、意欲溢れる動機がベターでしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私が看護師になった理由は中学の時の ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる