ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 以前は看護師というのは女性の職業と思われ

<<   作成日時 : 2017/12/31 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近頃では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。


看護の際、患者を移動させたり入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。


女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分より職業的な高みを目指していけるということです。


看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。


特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、日中のみ働くことができたり、仕事をする日が多くない仕事だったりが選べると良いですね。


子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多いですが、育児にはお金が必要ですから、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。


病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。


担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、看護師が把握しておくべきことについての諸々を口頭で直接、次の人に説明を行います。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すようにします。


申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。


注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


一般的に、注射が好きな人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。


とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。


たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。


普通、看護師としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。


具体的には、婦長と聞けば比較的想像がつきやすい役職ですよね。


でも、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。


一口に看護師といっても、学生やパート看護師が多くなっていますので、資格を持った正看護師という地位も役職的には上の立場に立っているという訳です。


当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
以前は看護師というのは女性の職業と思われ ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる