ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 特に、看護師の勤務形態と労働時間につい

<<   作成日時 : 2017/11/05 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。


シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。


小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、なんとか対応していける主な理由は、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。


ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。


一般的に見ると看護師として働くことは大変ハードだと認識され、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。


病院勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。


長時間勤務がザラだということも看護師がハードだと思われやすい理由になっていると思います。


看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、なかなかリラックスできる暇などなく、こうした生活が続くと自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。


つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタル面にもつらい部分があると言えます。


自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を探し出せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合はかなり重視するべき点ではないでしょうか。


学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が払ってもらえないことがあるようです。


賃金を支払わずにサービス残業をさせるという行為は、雇用された人の経験やスキルは関係なくはっきりと労基法に違反しているのです。


勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。


かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。


でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。


そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関してもわかるようになったりするようです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特に、看護師の勤務形態と労働時間につい ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる