ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面に

<<   作成日時 : 2017/11/04 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面について理解しておきましょう。


手術を目前に控えているような患者や術後の患者のケアを行うことにより、スキルアップに繋がります。


考えられる短所はといえば、一人の患者に対応するのが短期間であるため、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。


全国での看護師年収は平均して437万円くらいです。


でも国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため年収は平均593万円ほどになるのです。


公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。


準看護師の場合ですと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。


修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする看護師もいます。


結婚していて子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。


病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。


同僚の大多数が女性、ということも多く、男性と出会う機会が少なく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。


街コンの場面でも、看護師は人気があります。


とは言え、たとえカップルが成立しても仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。


よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。


しかし、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。


なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、何より医療現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。


そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を希望し、勉強に励む人が多い訳は、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに大きな満足感も得られる仕事なのです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面に ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる