ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職

<<   作成日時 : 2017/11/03 13:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職員の方が別な仕事場を検討するとして、苦心するのが志望の理由付けです。


どのような根拠でその勤め先がよいと考えたのかを好感をもってもらえるように表すのはたやすくはありません。


高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、転職の理由に発展的な要素をもたせたものが採用に結びつきやすいと思います。


少し長く看護師をしてきておりますが、気になったことがあります。


どうやら看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。


煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。


そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方はまあ、お察しの通りです。


ちなみに酒豪が多いです。


それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。


キャリアアップを目指して転職を考える看護師も存在します。


看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすことも目指せるでしょう。


職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。


内科の外来が合うと感じる人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。


ハードさで知られる看護師の仕事です。


そのため、しんどさを覚える場面も多いはずです。


勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。


心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。


勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。


それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。


なので、小さな子供がいる人でもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。


子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、なんとか対応していける主な理由は、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。


基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
他の職業の場合も同じだと思いますが、看護職 ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる