ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 医師、そして、看護師。二つの

<<   作成日時 : 2017/11/02 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


医師、そして、看護師。


二つの間には大きな違いがあります。


大きく言うと、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。


他方、看護師の場合は、医師の指導の下、診療の補助をして、患者さんのケアをするということが中心です。


一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。


夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。


予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。


受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。


大学の場合のいい面はその時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。


それに対して専門学校は、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。


そして、必要とされる学費についてはなんと大学の学費の十分の一程度です。


転職をするのが看護師の場合であっても、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。


ですが、苦しみながら看護師資格をゲットしたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。


全然違う職種でも、看護師の資格が良い方向に働く職場は非常に多いです。


苦労して取得した資格ですから、使わないのは損になってしまいます。


仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例としてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。


実は、食事休憩をとりますよ、と勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。


そもそもエッセンとは、というと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。


医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
医師、そして、看護師。二つの ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる