ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に

<<   作成日時 : 2017/11/02 09:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、大体希望を叶えてくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。


人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。


ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。


看護師が転職を考える時に、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。


けれど、一生懸命に看護師資格をゲットしたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。


全然異なった職種だとしても、看護師の資格が優遇される仕事はいくつも存在します。


努力して得た資格なのですから、活かさないと無駄になってしまいます。


看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、確実にそうであるとは限りません。


自己PRのやり方次第では、意欲的で経験を持っているというイメージをつけることもできますね。


ですが、働いている期間が短過ぎてしまうと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。


病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制や、あるいは3交代制の形でみんなが夜勤を務めます。


夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。


かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、日勤のそれを上回ることになります。


出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。


とはいえ、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。


結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。


実際に、こうして働いている看護師は多いです。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻ってきて、働く人も増加中です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる