ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 看護師の資格を取るには、何通りかの

<<   作成日時 : 2017/11/10 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあるでしょう。


看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんがすぐに受験することは認められません。


試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護を学ぶという条件があります。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。


入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、病院に滞在することになります。


そこで、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代制を採っています。


夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。


今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこれに参加を申し込む看護師は多数います。


女性の多い職場であるため男性と出会う機会が少なく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。


「看護師」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。


けれども、もしも新しい出会いがあっても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結局は別れてしまうケースが多いそうです。


初めて看護師として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。


求人において年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、病院が内実に何歳以下だけを採用すると設定していることもあります。


具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、難しくなります。


実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。


たとえば正社員として働く看護師は月給制です。


でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。


時給がどのくらいなのかというと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。


単にパートの時給としてみると良い時給なのかもしれません。


しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
看護師の資格を取るには、何通りかの ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる