ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 子育てを優先するために転職をする看護

<<   作成日時 : 2017/11/09 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。


看護師の場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、昼間のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いですよね。


子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を探すことを勧めます。


一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。


退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、看護師は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。


一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。


つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。


学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。


そこではたと困ってしまったことがあります。


情けないですが、履歴書をどう書いたらいいかがわかりませんでした。


そういうサイトを見たり、本を探したりしながら苦労しながらも、仕上げることができました。


でも、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、と理解できて、いい勉強になったと思っています。


パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、結局、大多数の看護師は病院で働いております。


しかしながら、病院における看護業務の他にも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。


こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。


どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。


自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。


看護士だと、求人はたくさんありますが望んでいる条件の求人が存在するとは限りません。


看護師の資格を持つ人で就職できれば良いと思っている方はあまりいないものです。


可能な限り高い給料で職場環境が良く、夜勤がないところに勤めたいとほとんどの方が思っています。


求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子育てを優先するために転職をする看護 ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる