ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 止まらない少子高齢化の影響。医療職にかかわる人たちも

<<   作成日時 : 2017/11/08 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


止まらない少子高齢化の影響。


医療職にかかわる人たちもより必要性が高まると考えられています。


ですから、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。


年ごとに多数の看護師が新たに生まれているのにもかかわらず、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。


医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、大きく異なっている点があります。


大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。


他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや心身ともに患者のケアするのが主な業務です。


看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、結局のところ、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。


その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。


「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。


そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。


そして、慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。


もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。


幸い、ネット上を少し見てみると転職や求人を看護師に特化したサイトが増えてきていますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。


多忙な業務に追われる看護専門職が違う職場を探す手立てとして、今はネットサービスを役立てるのが大部分となってきました。


看護専門のオンライン求人サービス等を役立てるなら、無料ですし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を閲覧できます。


転職活動が実を結ぶようにするには、リサーチが重要ですので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
止まらない少子高齢化の影響。医療職にかかわる人たちも ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる