ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS 様々な病気を抱えた患者に出来るだ

<<   作成日時 : 2017/11/08 06:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが必要になります。


メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、病院に適したナチュラルメイクを施すのがおススメです。


素顔の時ともまた違っているので、患者に与える印象も変わることは間違いないでしょう。


看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は大病院や個人病院など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。


看護師が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。


他方で個人病院の状況を見てみますと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。


公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。


他はそうとも言えない、ということになるでしょう。


医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。


はっきりした違いは、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。


その一方、看護師さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、診療の補助をして、患者の看護を行います。


よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。


しかし、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。


挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。


そして、勤務時間の問題もあります。


24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。


そういったことをわかった上で、看護師という仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、難点を補って余りあるメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。


少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。


さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。


でも、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。


そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。


とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
様々な病気を抱えた患者に出来るだ ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる