ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS ナースが仕事を変えるタイミングとして

<<   作成日時 : 2017/11/07 05:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ナースが仕事を変えるタイミングとしていつが良いかというと、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。


看護職員の価値は市場では依然高いのですが、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。


すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで静観することを推奨します。


一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。


夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。


それは、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。


一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、一方の3交代勤務では時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。


就職しようとしている病院がどちらの交代勤務で動いているのかを理解しておいてください。


看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。


通常業務のみでも大変忙しいのに加え、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。


それでも、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。


直前まで愚痴を言っていてもぱっと笑顔を作れるのですから時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。


入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を責任もって申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。


簡単な伝言で済むレベルのものも少なくないですが、患者の生死に関わる重要な情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。


昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。


日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。


徐々に男性看護師も増加していますが、いまだに女性の方が多い職場なので、精神的に疲れてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも分からなくはない話です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナースが仕事を変えるタイミングとして ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる