ホールドオン

アクセスカウンタ

zoom RSS ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を

<<   作成日時 : 2017/11/06 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。


特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてこの人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。


それから、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも担当看護士が任されます。


急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。


看護師免許を得るには、何通りかの道が挙げられます。


看護師免許を得るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんがいきなりは受験できません。


受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護を学ぶことが必要です。


事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、実行している病院がほとんどのようです。


個人ごとの能力を測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。


能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。


こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。


また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。


職業上、看護師という立場では愛煙家が少ない気がしますが、やはり一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。


病気の患者と接する職業上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、意識的に禁煙している人が多い状況だと分かるのではないでしょうか。


医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。


なくてはならない夜勤業務ですが、現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。


そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を ホールドオン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる